hinokiyoの手順書

自分のためにも手順書チックなものを残していければなと思っています。